焼却灰固化処理(混練押出方式)|ディスクニーダー

焼却灰固化処理装置(混練押出方式)
ディスクニーダー

前項の振動式混練・造粒機『バイブロニーダー』と同じ目的・用途に使用されます。『ディスクニーダー』は混練成形方式により運転時の騒音・発塵の問題が発生しません。

ディスクニーダーの特徴

  • 混練成形方式により、静粛な運転操業。
  • 密閉構造により、発塵が極少化できる。
  • ケーシングが2分割でき、清掃・保守点検が容易
  • 処理方式や産物の形状が自在に選択できる。

ディスクニーダーの用途

  • 焼却灰のセメント固化
  • 焼却灰のキレート処理
  • 焼却灰の薬剤併用処理
  • 加湿・混練押出による路盤材の製造
  • 一般的煤塵、灰等の合法化処理
  • その他廃棄物の再資源化
ディスクニーダー

ディスクニーダーの機種例

TMH-S 型

焼却飛灰にセメントや薬剤を添加し一気に混練押出成形します。

TMHS-400

TMH-W 型

重金属の溶出防止を効果的に行うため、前半部でPH調整し後半部で薬剤注入し混練押出成形します。

TMHW-300

東京TEL:03-3436-6655/大阪TEL:06-6376-1999