乾式比重選別装置|エアーテーブル

乾式比重選別装置
Air-Table

産業廃棄物の再資源化(リサイクル)には、選別が『決め手』となります。 比重別に分離することが、資源の再利用をする為の必要条件です。 『エアーテーブル』は、比重差を利用して効率的に乾式で分離選別します。

エアーテーブルの特徴

  • 比重別に効率良く乾式分離できます。
  • 廃プラ混合物から塩ビ樹脂PVCの分離も可能。

エアーテーブルの用途例

  • 廃プラ混合物(PP, PE, PS, PET, PVC等)から、PVCの分離除去。
  • シュレッダーダストから、金属・ガラス・樹脂・綿の分離選別。
  • 電線スクラップから、銅・アルミの選別回収。
  • 農産物から、石・ガラス・金属等の異物除去。
  • 規格産物から、規格外不良品の分離除去。

エアーテーブルの機種

テスト機V-135 型(0.15m2
ポケットエアーテーブル(0.0446m2)
生産機T-10 型
BX-110 型
(0.86m2
T-15 型
BX-260 型
(1.23m2
T-20 型(1.68m2

( )内は、流動デッキ面積↑

エアーテーブル:T-10型

エアーテーブルの原理・概要

エアーテーブルの原理・概要図

エアーテーブルの処理能力 : V-135型の場合

  • 廃プラスチック:60~200kg/Hr.
  • 電線スクラップ:150~200kg/Hr.
  • ペットフィルム:50~70kg/Hr.

*処理能力は、原料の比重によって大きく異なります。


テーブル型乾式比重選別機
Pochet Air-Table

ポケットエアーテーブルの特徴

  • デッキ面積0.0446m2卓上型試験機
    設置面積B3サイズ以下、重量29kg
  • わずか100gの試料でベンチ試験機とほぼ同等の選別精度を発揮
  • 一度の試験で部分分離効率曲線まで描ける新提案・精密選別試験仕様
  • 連続回収仕様により従来通りの選別実験も可能
ポケットエアーテーブル

エアーテーブルのテスト依頼等詳細は、お問い合せ下さい。

東京TEL:03-3436-6655/大阪TEL:06-6376-1999