廃木材の再資源化における使用例|バイブロ・スクリーナー

廃木材の再資源化における使用例
バイブロ・スクリーナー

解体廃材等の木材資源化(リサイクル)プロセスに於ける『バイブロ・スクリーナー』の役割と使用例について、以下ご紹介します。

バイブロスクリーナー導入の目的

1軸型破砕機等により破砕された木材チップ(通常 50mmφ以下)に付着する砂・ダスト類、及び規定外の過小片チップを分離除去する。

バイブロスクリーナー導入による機能

  • 円筒ドラムへ定量供給された木材チップは、高速回転する多段式攪拌羽根によって螺旋状に遠心攪拌されながらドラム前方へ連続的に排出されます。
  • 円筒ドラム外周のパンチングスクリーン穴径より小さい砂・ダスト類及び過小片チップはスクリーン穴を通過して落下します。
  • 回転駆動部を含むドラム本体が常時振動しているため、遠心力と振動篩の作用を受けて効率良く分離除去します。
  • 円筒ドラム(Φ60x4.5t)の外周に、希望分離径のスクリーンを巻き付けて使用します。(木材チップの場合 : Φ5~8mm,SUS)

バイブロスクリーナーの使用例

1軸型破砕機等による木材チップ破砕品の場合

型番処理量
VS-500W1,500~2,500 Kg/Hr.
VS-700W3,000~4,000 Kg/Hr.

バイブロスクリーナーのフロー図



東京TEL:03-3436-6655/大阪TEL:06-6376-1999