廃木材・ガレキ類減容機|ロールパッカー

廃木材・ガレキ類減容機
ロールパッカー

本機は、廃家具類や木材屑等の嵩張る廃棄物を容易に減容化し、輸送コストの低減および粗破砕による後処理の簡素化を計ることができます。

ロールパッカーの概要

表面に鬼刃を持つ回転ローラーの自重(1.2Ton)を利用した、押し潰し効果により効率良く且つ迅速に原料を破砕し大幅に容積を低減します。また消耗品・予備品は、必要とせずメンテ等は極めて簡単です。本機の現場組立は半日で可能です。

RP-7700

ロールパッカーの使用例

by RP-7700コンテナ容量処理前 → 処理後
ボール紙
Cardboard
35m3 1,500 → 7,000Kg
パレット
Wooden Pallet
35m32,500 → 8,000Kg
木枠梱包材
Wooden Crates
30m31,500 → 7,800Kg
紙屑
Waste Paper
35m33,700 → 10,000Kg
廃棄家具
Waste Furniture
33m32,700 → 6,500Kg

ロール部

ロールパッカーの仕様

形式RP-7700
ローラー径Φ1,150mm
ローラー幅1,700mmW
ローラー重量1,200Kg
総重量3,200Kg
動力(200/400V)5.5KW
最大移動距離6,600mm
作業必要高さ6,600mmH
最小原料レベル500mmH

《鬼刃の寿命》 木材屑の場合 : 約10~12年(8Hrs.x20D/M)

ロールパッカーの外形図

東京TEL:03-3436-6655/大阪TEL:06-6376-1999