被覆ケーブル皮むき機|ケーブルストリッパー

被覆ケーブル皮むき機
ケーブルストリッパー

本装置は、廃棄電線ケーブルの被覆部を剥がして、中身の銅線を回収する事を目的とします。2本の送りローラーに挟まれた電線ケーブルは、上下2箇所に設けられたカッターナイフによって被覆部(樹脂、アルミ等)を二つ割りに引き裂かれて連続的に排出されます。ケーブルの太さには広範囲に対応でき、且つ対象物に応じた設定も極めて簡単にできます。

ケーブルストリッパーの特長

  • 簡単な初期設定と容易な運転操作
  • ケーブルの太さに幅広い対応(Φ2~150mm)
  • ロット生産による格安な欧州製

製造: MBH-Bronneberg & Jegerings GmbH
保守: 河本鉄工株式会社(広島県府中市)

CS170

ケーブルストリッパーの適応物

  • 樹脂被覆電線ケーブル
  • アルミ管被覆ケーブル
  • 一般被覆電線コード
KAB-90型

ケーブルストリッパーの機種

型式適応寸法(Φ) 動力装置外寸(W x L x H)総重量処理速度
KAB-902~90mm3.0KW610x760x1,220mm250Kg40~50m/分
CS-1703~80(100)mm3.0KW640x1,000x1,270mm350Kg平均27m/分
CS-60025~150mm8.0KW1,200x1,700x1,800mm550Kg平均6m/分

東京TEL:03-3436-6655/大阪TEL:06-6376-1999